ひざ下の毛をワックスで脱毛するリスク・デメリットについて

MENU

ひざ下の毛をワックスで脱毛するリスク・デメリットについて

ワックスを使用する脱毛方法は、一時的にムダ毛を処理するための方法で、脱毛用のワックスを肌に塗ってから時間を置いてはがせば毛を抜くことができます。
自宅で行う以外でも、すね毛などひざ下のムダ毛の脱毛方法として、ワックスを使用する方法があって、サロンなどでも施術が行われている場合もあります。
施術は両ひざ下を処理した場合であっても、比較的安価に処理を受けることができお手頃と言えます。
ひざ下の無駄毛をカミソリで剃って処理したときには2日から3日程度経過した頃には、新しい毛が生えてきてしまいますが、ワックス脱毛はおよそ3週間ほど効果を持続させることができます。

 

 

ただし、すね毛などの脚のムダ毛の処理をワックスを使用して行ったときには、デメリットも多くあります。

 

3週間の効果が期待できるということは、裏を返すと3週間経過すればまた再び毛が生えてくることになります。
そして、ワックス脱毛は、ある程度(5mmほど)毛を伸ばしてから施術を受ける方法となるために、少し伸ばしておかなければならず、その期間のうちは恥ずかしい状態を維持しなければならない点がデメリットと言えます。

 

また、ワックスを引き剥がすことによって毛を抜く方法ですので、肌にかかる負担は大きく、脱毛の時にそれなりの痛みを感じることになります。
人によっては、ワックス脱毛をしてから、しばらくは赤みが残ることが考えられ、数日のうちには徐々に赤みは消えていきます。

 

痛みを感じたり、赤みが出たりする脱毛方法となるため、敏感肌などの肌が弱い人にとっては不向きな方法と言えます。
肌が弱い人の場合には肌へのダメージが大きいことで、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

 

また、無理矢理に毛を引き抜く方法ですので、皮膚や毛穴に対するダメージが大きく、埋没毛になってしまうリスクも考えられます
さらに、毛穴への大きなダメージが原因で、何度も繰り返し行っているうちに毛穴付近で色素沈着が起こり、黒ずみができてしまうこともあります。

 

ワックス脱毛は比較的手軽に毛を無くすことができ、効果もある程度長い期間続くというメリットはありますが、皮膚や毛穴へのダメージが大きく、黒ずみや埋没毛による毛穴のぶつぶつで、脚が汚く見えてしまうおそれがあるというデメリットもある方法です。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら