サロンのひざ下脱毛はどのくらい痛いの?

MENU

サロンのひざ下脱毛はどのくらい痛いの?

近年ではひざ下脱毛をするのに脱毛サロンに通うという女性も多くなりました。

 

「サロンの脱毛」と言った時に、ワックス脱毛を行っているところを指すことも無くはありません。
ですが一般的には、「サロンの脱毛」と言った時には、基本的に光脱毛などの施術を行っているサロンを指すと考えられますので、基本的に光脱毛による施術についての話をします。
(それにワックス脱毛は、デメリットばかり大きく、メリットはほぼ無いに等しい方法ですので、やめておいた方が良いでしょう。)

ワックス脱毛について

ワックス脱毛は、毛根からムダ毛を処理できるので、肌の表面に出ている分だけのムダ毛の処理をするカミソリでの除毛に比べれば処理効果が長続きするので便利です。
ただ、ワックス剤を肌に塗って引きはがす時はとても痛いものです。
また、ワックスはムダ毛を絡ませる必要があることから3ミリ程度伸ばす必要があり、ひざ下脱毛など日常的に人の目に触れる場所では伸ばすわけにもいかないものです。
さらに、ワックス脱毛は生えている毛を引き抜いただけなので、再び毛根ができて生えてくることの繰り返しであり、ずっと痛い脱毛を繰り返さなくてはならないことにもなります。
つまり、ワックス脱毛は、ムダ毛ごと皮膚を引き剥がすので肌へのダメージが大きく、それなのに、単に毛を引き抜くだけなので、効果はその場限り、という感じで、リスクが大きいのに、効果は無いという、まるで割に合わない方法です。
(一般的な脱毛サロンの施術は光脱毛ですが、この方法は毛根にある毛を作る組織に作用して、毛の再生能力を低下させることができます。)

サロンでの光脱毛は、脱毛が完了するまでは施術を繰り返さなくてはなりませんが、いずれはムダ毛の処理の必要がなくなるというメリットがあります。
光脱毛の仕組みは、黒い色に反応する特殊な光を脱毛したい部分の肌に当てると、一週間から二週間程度で自然と毛根から抜け落ちていきます。
それとともに、毛根周辺にある毛の生える組織にダメージを与えていることから毛を作る機能が弱まり、だんだんと細い毛質に変わっていきます。
さらに繰り返し施術を受けることによって産毛のように変わり、生えてこなくなるという効果があります。
光を肌に照射した時に、人によって痛みが発生することがあります。
光脱毛では、毛に含まれるメラニン色素に反応する光を用いて脱毛するので、全体的に色素が沈着している部分であれば痛いと感じる人もいます。
輪ゴムを束ねて弾かれた程度の感覚がするという人もいますが、全く痛みを感じない人もいます。
サロンでの施術は、痛みに耐えられない時には出力を下げてもらうこともできます。
また、光脱毛は広い範囲を短時間で施術できるというメリットがある方法ですので、ひざ下脱毛のような広範囲であっても短時間で処理ができます。
ですので、痛みを感じる人であっても、長い時間、痛みを我慢し続けないといけない、というような事はありません。

 

それと、脱毛サロンの中には、光脱毛とは異なる、S.S.C方式という脱毛方法を採用しているサロンもあります。
この方法は、光脱毛よりもさらに、肌にかかる負担が少なく、痛みも少ない方法です。
ですので、痛みが苦手で施術時の痛み少なさを重視するという方は、S.S.C方式を採用しているサロンを選ぶのがいいかもしれませんね。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら