埋没毛とは?〜埋もれ毛の原因・対処方法・予防方法について〜

MENU

埋没毛とは?〜埋もれ毛の原因・対処方法・予防方法について〜

埋没毛は、皮膚の表面に出られずに皮膚の中で成長してしまった毛の事で、基本的にムダ毛の自己処理が原因で起こります。
(埋もれ毛と呼ぶ事もあります。)
埋没毛はほじって抜いて良いのか、抜かないほうが良いのかなど悩みもありますが、対処を間違えてしまうと炎症などを引き起こしてしまうため、原因、対処方法、予防方法などを知ることで埋没毛も解決します。

 

埋没毛の原因は、ムダ毛の自己処理で皮膚が傷つき、それに対する皮膚の反応で、毛穴がふさがってしまうことで起こります。
毛抜きなどでムダ毛を強く引っ張ると途中でムダ毛が切れたり、皮膚が傷つき炎症を起こしかさぶたができます。
かさぶたがその後、毛の成長を遮って皮膚の中で埋もれてしまうのです。
特に、カミソリを使用して、何度も同じ箇所を剃って深剃りや逆剃りなどで肌を傷つけたり、ピンセットで毛を引き抜くなどといった処理で起こりやすくなります。

 

埋没毛ができてしまった場合の対処法は、適切に行なわないと炎症が悪化する場合あるため注意が必要です。
埋もれてしまった毛を針などでほじくって出して抜きたくなりますが、これはとても危険な方法で、肌が黒ずんでしまったりなど跡が残ってしまう事が多いです。
ですので、肌にさらにダメージを与えないために、しばらくの間はムダ毛の処理を中止し、自然に毛が出てくるのを待ちます。
入浴した時に優しく患部を洗い、入浴後にはしっかりと保湿をして皮膚を柔らかい状態に保ちます。
また、角質を落とすタイプのスクラブで患部を洗ったり、ピーリングをしたりして、さらにその後にしっかりと保湿して肌を柔らかくすることで、埋没した毛が出やすくなります。
ただし、ピーリングなどのやり過ぎも問題ですから、埋没毛を跡が残らないように治すには、基本的には待つことがメインになります。
(肌のターンオーバーによって、徐々に皮膚の表面の方に押し出されてきますので。)
それと、埋没毛は表面に出なくても、皮膚の中で分解されて、知らぬ間に無くなる事もあります。

 

埋没毛の箇所が見えやすい部位にある場合は、気になって抜きたくなりますが、日数は必要になりますが、優しく洗い保湿をすることで改善を試みることが良い選択です。
予防方法は、肌に負担をかけるムダ毛の自己処理をしないことですが、もし自己処理をする場合は、自己処理後にしっかりと保湿することが大切です。
保湿することで埋没毛ができる危険を少なくすることは可能です。

 

サロンなどの脱毛は埋もれた毛それ自体を治すことは難しいです。
ただ、サロンの脱毛によって、自己処理の回数が少なくなったり、自己処理をしなくなる事によって、埋没毛ができる可能性を少なくするという意味においては、埋没毛を改善する事は可能です。

 

医療機関のレーザー脱毛は、皮膚の奥深くまでエネルギーが届きますので、埋まった毛それ自体を脱毛する事もできます。
ですので、少しでも早く埋もれた毛を取り除きたいのであれば、美容皮膚科や美容外科などの脱毛クリニックに相談することも良い方法です。

 

とはいえ、埋没毛は起きた後に対処するよりも、できてしまう事を防ぐことが大切です。
ですので、自己処理をしなくてもすむように、サロンやクリニックなどで脱毛するのがいいでしょうね。
また、自己処理をするのであれば、自己処理時に皮膚を傷つけないように注意をして、処理後はしっかりと保湿などのケアをすることが大切です。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら