すね毛などひざ下の毛をカミソリで剃るリスク・デメリットについて

MENU

すね毛などひざ下の毛をカミソリで剃るリスク・デメリットについて

女性にとって、ひざ下というのは1年を通じて露出の機会が多い部位の一つです。
その為、常にムダ毛の自己処理が欠かせない、という人も多いでしょう。

 

自宅でのすね毛処理の方法の中でも、特に多いのが剃刀を用いて毛を剃って処理する方法です。
カミソリを使って剃る方法のメリットは、毛抜きで抜く方法に比べれば肌への負担が少ない事、そして短時間で処理が完了する事です。

 

 

ただ、すね毛やふくらはぎの毛をカミソリで剃る方法にはデメリットもあります。

 

そのひとつが剃り残しです。
ひざ下など、脚は立体的な部分です。
なので、正面からだけでなく、あらゆる角度のムダ毛がなくなっているか確認しておく必要があります。
しかし、ふくらはぎなどは自分では見えづらく、キレイに剃るのが難しいです。

 

そのため、自分では綺麗になったと思っていても、実は剃り残しがあって外出先などでそれに気付き、恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。
その為、剃った後はしっかりと確認しておく事が重要になります。

 

更に、カミソリは表面に出ている毛を剃るだけなので、剃っても比較的短期間で毛先が肌の表面に出てきてしまいます。
また、剃って処理をした毛先というのは、断面が広くなっている為、少し伸びただけで黒くポツポツと目立ちやすくなる上に、チクチクとした手触りが気になる事になります。
毛先が少し出ていると、ストッキングなどを着用する際に引っかかってしまう、または、ストッキングの表面に毛が出てしまう原因となってしまいます。
この状態を防ぐには、こまめな処理が必要となります。

 

このように、剃ってもすぐに処理が必要な状態に戻ってしまい、頻繁に処理しないといけないというのも、カミソリによる処理のデメリットと言えるでしょう。

 

 

更に、剃って行う処理は、皮膚の表面を傷つけてしまう事があります。
皮膚の表面を傷つけると、そのストレスでメラニン色素が発生し、色素沈着(お肌の黒ずみ)の原因になってしまいます。

 

それだけでなく、その傷によってかさぶたができ毛の出口をふさいでしまう事で、毛が皮膚の表面に出てこれない状態となり、「埋没毛」や「埋もれ毛」と呼ばれる状態になってしまいます。

 

ですから、カミソリですね毛などの処理を続けていると、色素沈着や埋もれ毛など、肌トラブルが頻発するおそれがあります。

 

この状態を改善していきたいと考えたら、エステやクリニックで脱毛がお勧めです。
脱毛の施術を受ける事で、自己処理の必要がなくなり、肌トラブル等の軽減に繋がります。

 

ただ、エステやクリニックの脱毛はどうしても、カミソリなどによる自己処理に比べれば、お金がかかってしまいますので、よく考えて決めるべきでしょう。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら