足の毛穴のぶつぶつの原因はムダ毛の自己処理?改善する方法は?

MENU

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら

足の毛穴のぶつぶつの原因はムダ毛の自己処理?改善する方法は?

足で起こりやすい毛穴トラブルと言えば、毛穴のぶつぶつです。
また、その他にも毛穴付近の黒ずみもよくあるトラブルです。

 

毛穴のぶつぶつや黒ずみのせいで、脚が汚く見えてしまう感じになって、悩んでいる女性の方も多いのではないでしょうか?
特に、ひざ下となると、特別短いスカートやショートパンツなどの露出の多いファッションでなくても、人目に触れる事が多い箇所ですので、悩んでいる方は多いと思います。
(すね毛は、ムダ毛の中でも比較的濃い部類に入るムダ毛だというのも、ひざ下のムダ毛に悩む女性が多い理由の一つだと思います。)

 

そこで、今回はその脚の毛穴のぶつぶつや黒ずみの原因と対処方法についてご紹介します。

 

 

ぶつぶつなどの足の毛穴トラブルの原因は?

毛穴のブツブツや黒ずみを解消して脚を綺麗にするためには、まずは原因を把握して正しく対処する事が大切ですので、まずは原因についてです。

 

足の毛穴がぶつぶつになってしまう原因は、多くの場合、ムダ毛の自己処理によるダメージが原因であると考えられます。
そのため、ムダ毛の自己処理をやめれば、多くの場合、毛穴のぶつぶつは改善していく可能性が高いと考えられます。

 

しかし、女性であれば、ムダ毛を処理せずに生活するというのは難しく、何らかの方法でムダ毛に対処し続ける必要があるという方が大半でしょう。
なので、毛穴のぶつぶつの改善のためには、ムダ毛の自己処理について知る必要があります。

 

まず、ムダ毛の処理方法として、代表的なものは、カミソリや毛抜きなどを使った自己処理です。

 

自己処理では、特にカミソリを使って処理している方が多いと思います。
しかし、誤ったムダ毛処理によって毛穴のぶつぶつができてしまう可能性があるのです。
それではなぜ、ムダ毛の処理によって、毛穴がぶつぶつになってしまうのでしょうか?

 

それは、カミソリや毛抜きを使用してムダ毛を処理する事によって、皮膚にダメージが加わる事が原因となって引き起こされています。

 

カミソリによるムダ毛処理のリスクについて

具体的には、カミソリの場合、刃物をお肌に当ててムダ毛を剃っていますので、皮膚表面にダメージが加わっています。
脚のムダ毛をかみそりで剃る時には、痛みこそ無いかもしれませんが、実際にはお肌の目に見えないような小さな傷を無数に付けながら毛を剃っているのです。

 

それは、ムダ毛を剃った後に保湿ローション等を塗る際に、目立った傷は無くても、しみて少し痛みを感じる事からも分かると思います。
(少し話は逸れますが、カミソリで毛を剃った後は、皮膚の表面が削られて刺激に弱い状態になっていますので、カミソリ負けを防止するためにも、必ず保湿等のアフターケアをするようにしましょう。)

 

傷付いた皮膚は、雑菌が入りやすくなっており、炎症を起こすなどして色素沈着を引き起こす原因にもなりますので、注意しましょう。

 

毛抜きによるムダ毛処理のリスクについて

次に毛抜きの場合には、現時点で生えていて根本がしっかりしている毛を、無理に引き抜いているわけですので、当然ながら毛穴周囲の皮膚も一緒に引っ張られ、大きな負担がかかる事になっています。
まず、この負担を原因として、色素沈着が起こり、まるでいちごの種のようにぶつぶつした足になってしまう事もあり得ます。

 

そして、引き抜く時にかかった負担が原因で、毛の出口の部分の皮膚が硬くなって、毛が出られないようになります。
その結果として、毛が皮膚表面に出られず、皮膚の中で成長してしまう現象である、埋没毛が発生してしまう事になります。

 

理没毛が発生すると、毛穴の周りの皮膚が、皮膚の中で成長した毛によって押し上げられて、ポコっと浮き上がり、ボコボコとした感じの皮膚になる事もあります。
また、皮膚の内側で毛がとぐろ巻いて、皮膚を透けて黒く見えてしまい、脚の皮膚が黒っぽく、お世辞にもキレイとは言えない状態になってしまうおそれもあります。
(なお、毛抜きだけでなく、剃刀による処理でも、埋没毛ができてしまうリスクはあります。)

 

また、毛抜きでの処理で皮膚が傷付いたところに雑菌が入って、赤いプツプツができる可能性もあります。

 

その他にも、1回2回程度の処理で起こるわけではありませんが、毛抜きによる処理を長期間続けてしまうと、毛穴自体が盛り上がったような状態から元に戻らなくなって、毛穴がぶつぶつになってしまうおそれもあります。

 

こういった肌トラブルを起こさず、脚をきれいな状態に保つためにも、正しいムダ毛処理方法が必要になります。

 

毛穴ぶつぶつ足にならないための正しいムダ毛処理の方法は?

では、毛穴のぶつぶつにならないように、また、既にぶつぶつになってしまっている毛穴を目立たなくなるような、正しい足の毛の処理の仕方はどうすればいいのでしょうか?

 

先に厳しい現実から言ってしまうと、自宅でのムダ毛処理では、それは難しい場合が多いです。
その理由は、一部の方法を除いて、ムダ毛の処理は皮膚に大きな負担をかける事が避けられないからです。

 

もちろん、正しい方法で処理する事によって、負担の程度を軽減する事は可能です。
ですので、ここで紹介する処理方法は、あくまでお肌の負担を軽減する方法でしかありません。

 

毛抜きによる処理は基本的に避けた方がいい

毛抜きは、お肌や毛穴にかける負担が非常に大きな方法で、埋没毛や肌の色素沈着など、様々なトラブルの原因になります。
そうでなくとも、お肌をキレイに保つためには、毛穴に無理な力をかける事は避けるべきことです。
(毛穴がブツブツにならなかったとしても、毛穴が広がるなどして、毛穴が目立つ脚になってしまう可能性があります。)

 

そのため、毛抜きによるムダ毛処理は、極力避けた方がいい方法と言えます。

 

その他、毛を抜くタイプの脱毛器(要するに、電動の毛抜き)などもありますが、毛を無理に引き抜くことに変わりありませんので、避けた方がいいでしょう。
基本的に、どんな方法でも、毛を無理に引き抜くような方法は、避けた方がいい方法だと考えていいでしょう。

 

カミソリによる処理でお肌の負担を軽減するための注意点

まず、カミソリでのムダ毛処理は、皮膚に直接刃物を当てるわけですので、お肌を傷付ける事は避けられません。

 

ですが、毛を剃る時や剃った後のケアに気を使う事によって、お肌への負担を軽減する事は可能です。
(ですが、頻繁に行うのは避けた方が望ましいという事には、変わりはありません。)

 

まず、カミソリは、お風呂など湿気のある場所に置きっぱなしにしているという方も少なくないと思いますが、これはNGです。

 

ジメジメしたお風呂場などに、カミソリを置きっぱなしにしてしまうと、刃に雑菌が繁殖してしまいます。
そうなると、剃った際にできた傷から、雑菌が入り込むリスクが高くなります。

 

普段から、お風呂にカミソリを置いて、それを使っているけど大丈夫、といった方もいると思います。

 

ですが、体調が普通の時は大丈夫でも、体調が良くない時などに、トラブルが生じる可能性があります。
しかも、不潔なカミソリを使った処理で一度トラブルが起こると、医師の処置が必要になるほど、大きなトラブルになる可能性も低くはありませんので、くれぐれも油断はしないようにして下さい。

 

また、最悪の場合には、医師の処置によって治ったとしても、跡が残ってしまう事にもなりかねません。

 

膝下など、人目につく目立つ部分だからこそ、無駄毛を処理する事が必要になるわけです。
そうすると、不衛生な環境で保管してあるカミソリで、重大な肌トラブルを起こして跡が残ってしまうのも、人目に触れる目立つ部分という事になります。

 

目立つ部分に、跡が残ってしまう事は、女性であれば絶対に避けたい事でしょうから、カミソリの取り扱いには、注意するようにして下さい。

 

ですので、カミソリは使ったらよく洗浄して、乾燥した清潔な場所に保管する事を強くおすすめします。
(そんなカミソリの管理なんて、面倒臭くて無理という方は、いっその事、使い捨てタイプのカミソリを使用するというのも、一つの方法だと思います。)

 

【カミソリによるトラブルの知人の体験談】
関連する話題なので、ここに知人に聞いた体験談を記載しておきます。

 

知人(男性)が、髭剃り用のカミソリをお風呂に置いていたそうです。

 

もちろん、髭剃りの切れ味が悪くなった時などに、定期的にカミソリは交換していたそうです。
それで、ずっと大丈夫だったらしいので、不衛生らしいとは知りつつも、カミソリをお風呂に置くことをやめなかったそうです。

 

その結果ある時、あごの部分が化膿して、二週間ほど治らず、最終的には皮膚科医にお世話になったそうです。
医師に処方された塗り薬と飲み薬で、わりとすぐに良くなったそうです。
また、幸いな事に、跡などはほとんど残らず綺麗に治ったらしいです。

 

それ以来、カミソリは使い捨てのものしか使っていないとの事でした。
さらに、ひげ剃りの後には、必ず、殺菌効果のある薬用のアフターシェーブローションを使用しているとも言っていました。
(その結果、特に大きな肌トラブルは起きていないそうです。)

 

そんな感じ実体験を基に、その知人男性は、カミソリをお風呂場に置く危険性について熱く語ってくれたのでした。
(リアルな経験に基づいて語ってくれたので、すごい説得力がありました。)

 

もちろん、女の人のムダ毛処理と、男の人のヒゲ剃りでは同じではない部分も少なくはないと思います。
ですが、カミソリをお風呂場に置くのが、危険である事は間違いないでしょう。

 

次に剃る際の注意点についてです。

 

剃る前には、蒸しタオルなどで一度、足の毛を柔らかくしてから剃る事が好ましいです。
これをすることで、お肌へ負担を軽減してスムーズに剃ることができるようになります。

 

また、毛を剃る際には、足全体など、毛を剃る部分にシェービングクリームなど、カミソリの滑りを良くしてお肌の負担をかけるものをまんべんなく塗ります。

 

石鹸の泡のみで処理している方もいるかと思いますが、石鹸だけでは泡に粘度が足りないため、ハッキリ言って力不足です。
やはり、専用のシェービングクリームやジェルなどを使用する事で、お肌への負担を軽くして処理することができます。

 

そして、実際に毛を剃っていくわけですが、いきなり逆剃りをしてしまう方も、意外と多いのではないでしょうか?

 

ちなみに、「逆剃り」とは、毛が生えている方向とは逆向きに、剃る事を言います。
また、その逆で、毛が生えている向きに沿って毛を剃る事を「順剃り」と言います。

 

いきなり逆剃りをしてしまう事は、お肌への負担が大きく、力の入れ具合によって毛穴を直接的に痛めてしまいかねないので、毛穴がぶつぶつになるリスクを高める事にもなります。
そのため剃る時には、毛の生えている向きに逆らわないように、毛の流れに合わせるように、剃るようにしましょう。

 

さらに、毛を剃った後には、アフターケアをする事が望ましいです。
前にも少し触れましたが、カミソリで毛を処理した後には、目には見えない小さな傷がたくさんできて、さらに皮膚の表面が削れて、お肌の保湿能力が落ちて、刺激に弱い状態になってしまっています。
そのため、お肌の負担を軽減するためにも、保湿などのアフターケアは欠かせないものです。

 

このように、お肌の負担を軽減して、毛穴のぶつぶつができるリスクを下げて自己処理するのは、なかなか難しいもので、何かと手間がかかってしまいます。

 

さらに、負担を軽減できるように注意したとしても、長期間に渡って継続して処理をし続ければ、リスクが高まる事になるというのは覚えておいた方がいいでしょう。
(また、頻繁に処理を行う事も、リスクを高めるという意味では同じことです。)

 

その他の方法によるムダ毛処理の特徴について

ここまでは、身近な道具で、どの家庭にもあるであろうカミソリや毛抜きを使った処理について解説してきました。
ですがその他にも、自宅でのムダ毛処理の方法はあります。

 

それは、電気シェーバー、脱毛クリーム、脱毛ワックスなどです。
引き続き、これらによる処理の特徴について、解説していきます。

 

電気シェーバーを使用した足のムダ毛処理のメリットとデメリット

いきなり結論から言うと、電気シェーバーはお肌にかかる負担が軽く、安全性が高いため、自宅で行うムダ毛処理としては好ましい方法です。

 

ちなみに、脱毛サロンでは施術を受ける時には、事前にムダ毛の処理が必要なサロンが多いのですが、ほとんどのサロンで、その事前処理に電気シェーバーを使用する事が推奨されています。
この事からも、電気シェーバーはお肌にかかる負担が軽く、お肌にとって好ましい物である事が分かります。

 

電気シェーバーによる処理の特徴について解説していきますと、毛を剃るという点ではカミソリと同様ですが、カミソリとは異なり肌に直接、刃が当たらないため、肌への負担が軽くなっています。

 

ただし、肌に直接、刃が触れないという事は、T字カミソリなどのような深剃りが出来ず、毛を浅くしか剃る事が出来ないというデメリットに繋がります。
(カミソリは刃が直接肌に触れて、深剃りが出来る代わりに肌への負担が大きく、電気シェーバーは刃が直接はお肌に触れず、浅くしか剃れない反面、お肌にかかる負担は軽いというように、長所と短所がちょうど裏返しの形になっているわけです。)

 

浅くしか剃れないわけですので、毛がすぐに伸びてきてしまうという事になります。
そのために、電気シェーバーによる処理で、ムダ毛が無い状態をキープしようとすれば、頻繁な処理が必要になり、ムダ毛処理にかなりの手間と時間がかかる事になります。

 

このような欠点はありますが、肌への負担が軽く、安全であるというメリットは、重要なメリットですので、自宅でのムダ毛処理の方法としては良い方法と言えるでしょう。

 

脱毛クリームを使用した足のムダ毛処理のメリットとデメリット

脱毛クリームは、脱毛クリームとは呼ばれるものの、毛を根元から取り除けるわけではなく、実際には毛の皮膚の表面に出ている部分のみを取り除くに過ぎません。
ですので、除毛クリームと呼ばれる事も多いです。

 

除毛クリームの仕組みとメリット

除毛クリームのメリットとしては、まず、簡単に処理することができるという点が挙げられます。
使い方は、ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗布して、数分など所定の時間、放置した後で洗い流すだけ、というものですので、とても簡単な方法と言えるでしょう。

 

さらに、カミソリなどと比較して、仕上がりが比較的キレイというメリットもあります。
また、処理後の毛先が丸くなるので、伸びてきた時にジョリジョリとした感触になりにくいという点もメリットでしょう。

 

この辺りのメリットと、除毛クリームの仕組みを解説しておきます。
(除毛クリームのメリットは、カミソリと比較すると分かりやすいので、カミソリと比較しながら説明していきます。)

 

まず、除毛クリームは、薬剤の作用によって毛を溶かす事により処理しています。

 

そして、処理した毛の先が、自然な毛先に近い丸まった形にする事が出来ます。
(処理していない自然な毛があれば、それを見て分かるのですが、自然な毛先は細くなっています。自然な毛先がまるまっているというのは、小さいので見た目では分かりづらいですが、触った感触でチクチク感が無い事から分かるのではないかと思います。)
この点が、仕上がりが綺麗で、また、伸びてきた毛先の感触がジョリジョリや、チクチクとした感触になりづらく、処理後の手触りがすべすべになりやすいというメリットにつながります。

 

一方、カミソリなどの剃る方法だと、毛を切断するため、どうしても角が尖った切断面が出来てしまいます。
この尖った断面が新しい毛先となって、伸びてきた毛先がじょりじょり、ちくちくとした感触を生み出すのです。
(さらに、ストッキングや靴下に毛が引っ掛かりやすくなったり、毛がストッキングを貫通して外に出やすくなる事にもつながります。)

 

また、カミソリなどによる毛の切断面は面積が広く、一方の自然な毛先は丸く面積が小さくなっています。

 

まず、毛先の面積が大きい場合、毛が濃く見えやすくなってしまいます。
(あくまで、見た目の問題です。実際に毛が濃くなるというわけではありません。剃ると毛が濃くなるというのは、単なる勘違いなのですが、断面が広くなる事による見た目の変化が原因なのです。)
これは、カミソリによる剃り跡が目立ってしまったり、ちょっと伸びただけで、毛が黒い点々のように目立ってしまう事にもつながってきます。

 

一方の除毛クリームによる処理後の丸みのある毛先だと、毛先の面積が狭いため、(カミソリによる処理との比較で)毛が濃く見えるような事はありません。
そのため、仮に、カミソリ処理後と、除毛クリーム処理後の同じ長さの毛があった場合、除毛クリームで処理した毛の方が目立ちにくいという事になります。

 

除毛クリームのデメリット

このように、除毛クリームはメリットもあるわけですが、もちろん、デメリットも存在します。

 

除毛クリームは、クリームというその可愛らしい言葉の印象に騙されがちですが、実際には毛を溶かして処理するアルカリ性薬品です。
毛を溶かせるほどの薬品となれば、当然、お肌への刺激も軽いものでは済みません。

 

敏感肌の方などお肌が弱い方は、その刺激でお肌が反応してしまい、かぶれたりして赤くなってしまう可能性もあります。

 

また、特別お肌が弱いといった事が無く、使用しても肌トラブルが出なかったとしても、体調や肌の調子次第では、肌トラブルが出る可能性は充分にあり得ます。
(特に女子の場合には、生理などによるホルモンバランスの変化によって肌が荒れるなど、お肌の調子が変化しやすいですので、注意が必要なのです。)

 

そのため、使用前には目立たない部分なので、必ずパッチテストをするようにするべきでしょう。
(使用前というのは、初めて使う時にパッチテストをするだけでなく、使う時には毎回パッチテストをする事が望ましいという意味です。)

 

さらに、特に肌荒れなどの肌トラブル出なかったとしても、継続的に使う場合には、毛を溶かすような強い薬剤を、お肌に使い続けているという事になりますので、そのリスクは決して低いものとは言えないでしょう。
そのため、日常的に使うムダ毛処理方法としては、あまり好ましいものとは言えないでしょう。

 

その他のデメリットとしては、毛の皮膚表面に出ている部分だけを除去しているに過ぎないわけですので、比較的、毛が生えてくるまでの期間が短いという事が挙げられます。

 

除毛クリームの特徴まとめ

除毛クリームは、処理が手軽にできて、商品自体も比較的安いものですので、かかる費用も大きなものではありません。
さらに、毛先を丸く処理できるので、仕上がりが綺麗で、チクチクとした感触にならないというメリットがあります。

 

しかし、刺激の強い薬剤を使用して毛を溶かす方法であるため、お肌の健康を考えると、頻繁に使ったり、継続的に使ったりするのは好ましくないというデメリットがあります。

 

トータルで言うと、日常的なムダ毛処理の方法としては好ましくないものの、たまに使う方法としてであれば、優れた方法だと思います。

 

脱毛ワックスを使用した足のムダ毛処理のメリットとデメリット

まず、最初に特徴から言いますと、脱毛ワックスは、お肌への負担が非常に大きく、様々なリスクがあるという、デメリットが非常に多い方法です。
それに対して、メリットと言えば、毛を根本から取り除けるために、毛の無い状態が長続き(数週間程度)するだけです。

 

そのため、デメリットの大きさと比べて、メリットは取るに足らない程度で、まるで割に合わない方法だと思います。

 

それでは、ワックス脱毛に関する説明です。
ワックス脱毛は、一時期人気になった方法で、ブラジリアンワックスと呼ばれる事もあります。
(ブラジリアンワックスといった時に、特にアンダーヘアのワックス脱毛を指している場合もあります。)

 

脱毛ワックスの使い方は簡単で、ワックスを柔らかくなるまで温めてから、毛を処理したい部分に塗布します。
(様々な種類のものがありますので、製品によって、使用方法は違う場合もあります。)
塗布したワックスが固まったら、ガムテープを剥がす要領で一気に剥がします。

 

このような使い方を聞いただけで、その危険さが分かる方もいるかと思いますが、その危険性やデメリットについて説明していきます。

 

そもそもとして、毛抜きによる処理の所でご説明したように、毛を抜くという行為が毛穴に強い力が加わるので、美容の観点から言って好ましいものではなく、危険な方法という事が出来ます。

 

さらに、ワックス脱毛では、ワックスを勢いよく引き剥がす事によって、一気に激しく毛を引き抜くため、毛抜きよりもさらに毛穴にかかる負担が大きくなります。
その上、ワックスによって、少なからず皮膚も一緒に剥がれる事になります。
(また、無理矢理に毛を引き抜く上に、皮膚も少なからず剥がれるので、ワックスを引き剥がす時に、強い痛みを伴う事になります。)

 

そのため、埋もれ毛や肌の色素沈着、肌荒れ等、お肌の見た目が汚くなってしまうリスクが多々あります。

 

その危険性に対して、ワックス脱毛のメリットは、とても小さなものに過ぎません。
そのメリットとは、毛を根本から抜くために、毛の無い状態を長く保てるため、処理の頻度が少なくて済むというものです。

 

その他に、ワックス脱毛に関連する話をすると、ワックス脱毛を行っているサロンもありますが、こういったサロンは通常は「脱毛サロン」には含みません。
(もちろん、これは通常の場合の話で、そうではない事が全くないというわけではありません。)
一般的に、「脱毛サロン」と言った時には、光脱毛など、毛を作り出す組織自体に作用して、生えてくる毛自体を薄くしていく効果がある脱毛方法を採用しているサロンの事を指します。

 

サロンの脱毛について簡単に解説しておくと、サロンの脱毛では、生えている毛を無くすだけではなくて、ムダ毛の再生能力を低下させるような施術をします。
このような施術を繰り返し行うと、生えてくる毛自体がどんどん薄くなっていき、段々と自己処理が不要な状態に近付いていきます。

 

一方、ワックス脱毛では、単に毛を抜いているだけですので、当たり前の事としてそういった効果はなく、少し時間が経てば、元通りに毛が生えてきます。
ワックス脱毛のサロンというのは、わざわざお金を払ってサロンを利用して、受ける施術はただ単に毛を抜くだけ、しかもお肌には多大な負担がかかる、というものです。
もちろん、単に毛を抜くだけという施術内容ですので、料金は安いのですが、個人的な意見としては、このようなサロンを利用する価値はまったく無いように感じます。

 

脚に限らずムダ毛の自己処理はやめるのが望ましい

このように、自宅で出来るムダ毛の処理方法には様々なものがありますが、ほとんどの方法は結局のところ、肌や毛穴に何かしらの負担がかかって、肌トラブルの原因になるということが分かります。
(電気シェーバーの様に、一部、お肌への負担が軽い処理方法もあります。)

 

そして、肌トラブルを起こしてしまえば、多くの場合、見た目が汚くなる事になるのです。
つまり、ムダ毛を無くして、見た目を綺麗にしようとムダ毛処理をしているのが、逆効果になってしまうわけです。

 

そのため理想を言えば、脚に限らずムダ毛の自己処理はやめる事が望ましいのです。
(もちろん、脚のような人目に触れやすい目立つ部分では、なおさらやめた方がいいという事になります。)

 

とはいえ、ムダ毛処理を一切せずに、ムダ毛ボーボーで過ごすというのは、多くの女性にとっては考えられない事でしょう。
(もちろん、冬など服である程度ごまかせる季節もありますが、夏などの薄着の季節になれば、ごまかしが利かなくなります。)

 

そこで、お肌にかける負担などを考慮した時に、お肌にとって望ましい方法は、出来るだけ早い段階で、脱毛サロンや脱毛クリニックといった専門的な施設で脱毛の施術を受ける事です。
無論、決して安くはない費用がかかるという問題があるというのは理解しています。

 

ですが、自己処理を長期間続ける事により、肌へのダメージの蓄積などで、お肌の状態が悪くなっていくリスクが高まってしまいます。
そのため、お肌を綺麗に保つことを考えた時に、早い内にサロンなどで脱毛して、自己処理をやめてしまう事が望ましい事なのは間違いない事なのです。

 

脱毛サロンなど利用するメリットについて

まず、脱毛サロンの脱毛のメカニズムや、その効果について説明しておきます。

 

脱毛サロンでは、主に「光脱毛」という方法が採用されています。

 

この方法のメカニズムを簡潔に説明すると、まずは、特殊な光を脱毛したい部分に照射して、ムダ毛に含まれる黒い色素と光を反応させます。
そして、この反応によって、光のエネルギーが熱に変換されて、毛根部分に熱が生じます。
この熱によって、毛根にある毛を作り出す細胞にダメージを与えて、毛の再生能力を低下させる効果があります。

 

そのため、光脱毛であれば、生えているムダ毛を無くすだけでなく、その後に生えてくる毛それ自体の量を減らし、また、生えてくる毛も細くする効果があるのです。
さらに、このような効果は、長期間継続するものです。
こういった点は、脱毛サロンを利用する非常に大きなメリットだと言えます。

 

ただし、サロンの脱毛であっても、お肌へのダメージがまったく無いというわけではありません。
熱によって毛を作る組織にダメージを与えますので、その周囲のお肌にもダメージを少なからず与えてしまう事になります。

 

しかし、脱毛サロンでの脱毛の施術は、2〜3カ月程度に1回だけ受ければいいものです。
(ただし、お店に通うペースについては、サロンによって異なる事もあります。)

 

そのため、頻繁に自己処理を繰り返すのに比べれば、お肌への負担ははるかに軽い事になります。

 

ただし、サロンの脱毛は一度や二度受けただけで、毛が全然生えなくなるなどといった、夢のようなものではない、という事は知っておきましょう。

 

もちろん、脱毛の施術時点で生えている毛については、基本的に施術後に抜け落ちて無くなり、しばらく毛が無い状態が続きます。
(光脱毛の場合、施術後、1週間から2週間程度で、自然に毛がポロポロと抜け落ちていきます。)

 

ですが、1回や2回施術を受けただけでは、しばらくすれば、また毛は普通に生えてきてしまいます。
ほとんどムダ毛が生えてこなくて、自己処理がほぼ不要な状態になるには、何度も繰り返し施術を受けなければいけないという事です。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら

 

 

ムダ毛の自己処理が肌の負担になる事を知っておきましょう

このように脚の毛穴がぶつぶつになってしまう原因は、自己処理による肌への負担が大きな原因となっています。

 

自己処理でムダ毛が無い状態を維持しようと思えば、繰り返して、それも頻繁に処理を行う必要があります。
そして、繰り返す自己処理によって、継続的にお肌にダメージを与える事は、毛穴のぶつぶつだけでなく、お肌の状態を悪化させて、見た目が汚らしくなる事につながります。

 

そのため、理屈の上では、脱毛サロン等で、少しでも早い段階で脱毛をして自己処理をやめたり、自己処理の頻度を減らしたりする事が、お肌のためには望ましいという事になります。

 

そうはいっても、脱毛サロンにかかるお金を用意できるかどうかは、人によって異なるでしょう。
また、個々人の状況で、ムダ毛処理の必要性や、ムダ毛の悩みの深刻さも大きく違ってくるでしょうから、脱毛サロンにお金をかける価値があるかどうか、という判断は人によって変わってくるでしょう。
(例えば、いつもジーンズなどで脚を全然露出せず、ごくたまにムダ毛処理をする程度、といった感じなら、よほど変な方法でやったりしない限りは、深刻な肌トラブルを起こすような事はほぼないでしょう。)

 

そのため、誰にとっても脱毛サロンが最適の選択肢である、などと言う事は出来ません。

 

ですが、どのような状況の方でも、女性であれば、自己処理はお肌の負担となり、毛穴のブツブツを始めとしたトラブルの原因となるという事は知っておいた方がいいでしょう。

 

そして、自分に最適な選択をするためにも、どういった処理方法が肌への負担が軽いのか、また、負担が重いのか、といった事を知る価値はあると思います。
また、自己処理をする場合には、どの方法で、どういった事に注意すれば、お肌への負担を軽くして、肌トラブルのリスクを軽減させる事が出来るのか知る事も重要でしょう。

 

少しでも綺麗な脚を手に入れて、その状態を保つためにも、これらの事を理解した上で、自分の状況に合わせた最善と思える方法を選んで下さい。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら

 

 

少しでも脱毛サロンに興味があるのなら

脚の毛穴のぶつぶつや黒ずみなどに悩んでいたり、また、スネ毛などの処理が面倒で、うんざりした気分になっている方も多いと思います。

 

そういった女性の脚のムダ毛に悩む女性が多い中で、脱毛サロンのメリットは分かるけど、すごくお金がかかりそうだから…、などといった理由で、脱毛サロンに興味があって行ってみたいけど、気軽には行けそうにないイメージから行っていないという方もいるのではないかと思います。

 

ですが、脱毛サロンの中には、キャンペーンや体験コースなどを活用すれば、わりと気軽な気持ちで申し込めるような価格で、脱毛できるサロンも少なくありません。
(中には、数百円など、格安で脱毛できるキャンペーンを実施しているサロンもあります。)

 

少しでも、脱毛サロンに興味があって行ってみたいという方は、そういった格安のコースを利用してみても良いと思いますよ。

 

 

ひざ下脱毛おすすめランキングはこちら